九寨溝での食事レポートです。グルメ施設は?

九寨溝での食事について

<個人旅行レポート 食事編>

 

九寨溝の近くには、正直言って食事施設や飲み屋などがほとんど見当たりませんでした。他の観光地ならどこに行ってもあるのですが、ぽつぽつとお店がある程度で珍しいなと思ったことが印象に残っています。そしてそのぽつぽつとあるお店も、万人に合うようなグルメなお店では決してありません。

 

付近にあるお店は、有名な「牛肉麺」や「炒飯」「炒麺」などがあるいわゆる一般の中華料理屋、そして路上で肉や魚、野菜を串にして焼いている屋台のようなお店です。個人的には「炒麺」がお気に入りです。
これらのようなお店はどの地方でもありましたが(^^)

 

           

 

私は汚いお店でも大丈夫ですし、お腹も丈夫な方ですので平気でしたが、食事面にも気を配るようなタイプの方は、九寨溝に限ってはグルメ施設付きのホテルにしたほうが良いと思います。

 

<九寨溝 風景区内の食事施設>

 

九寨溝の風景区内には、ちょうど全体の真ん中あたりの休憩所に食事施設がありました。バイキング形式になっており、コースがいくつかあり、50元のコースを頼みました。全然美味しくありませんでした。バイキングですので、様々な料理があるのですが、単純に全てのレベルが低い感じです。値段の高いコースならまた違っていたのかもしれませんが。風景区全体を見て回りましたが、ここより他の食事施設はなかったように思います。

 

 

中国旅行でどこに行っても楽しみだったのが、「グルメ」でした。そこを楽しめなかったのが九寨溝のウィークポイントでした。本当に山奥にある場所なので、そのへんは仕方ないのかもしれません。

 

九寨溝 個人旅行 本編へ