九寨溝への行き方(バス)10時間かかりました

九寨溝への行き方

<個人旅行レポート 行き方・バス編>

 

九寨溝へは様々な行き方がありますが、私は成都から出ているバスで向かいました。
季節は11月で、成都はまだそこまで寒くないくらいの気温です。

 

「成都旅遊バスセンター」から九寨溝へのバスが日に6本ほど出ています。非常に人気が高いので2、3日待たされてしまいました。しかも早朝の便しかありません。(価格は140元でした)

 

なぜ九寨溝ほどの観光地に早朝便しかないのかと思っていましたが、乗車時間10時間以上であることと、九寨溝の山道をバスが走ることを考えたら、納得できました。

 

       

 

日光のいろは坂が延々と続く感じで、正直10時間は結構辛く、体力に自信がない方には厳しいです。さらに中国人ドライバーのイケイケの運転と、度重なる故障で本当に辿りつけるのかどうかとても心配でした。

 

途中で2台ほど他のバスが横転している現場を目の当たりにしました。スリルを味わいたい人にはオススメしたいのですが、私は二度とバスで九寨溝に行くことはないと固く誓いました。

 

結局到着したのが、19時くらいで、あたりは真っ暗闇でした。動くにも動けず、その辺の宿の勧誘の人についていってしまいました。九寨溝のバスターミナルはお店やホテルなどがある場所から少し離れていたようで、そこまで行ってようやく観光地に来たなぁと感じました。

 

⇒ 九寨溝ホテル編

 

以上のことから、バスで行くことは絶対にオススメできません。中国に詳しい旅行会社の人にその話をしたところ、あり得ないと笑われました。成都や重慶、西安などから九寨溝空港に飛行機がたくさん出ていますので、飛行機の利用がベストだと思います。